スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪372レ@幌延冬季閉鎖踏切


2016/1/2 宗谷本線 幌延~上幌延
NikonD3s+70-200/2.8

暖冬と言われ続けた通り、一昨年よりも雪壁が低い気がする宗谷ラッセル。
1/1元旦は雪が少なく撃沈、しかしながら翌日は未明から降り続き、幌延辺りからはしっかりと排雪。この場所は人が多いとフランジャー、ウイング共に心配される撮影地ですが、幸いそのまま通過してくれました。
ラッセルを撮ってていつも思うこと、2両目が隠れているのを是とするのか非とするのか。自分は後者ですので、この排雪量はバッチリでした。
スポンサーサイト

雪372レ@幌延踏切後打ち


2016/1/3 宗谷本線 幌延~上幌延
NikonD3s+70-200/2.8

暖冬で掻かないのなら、掻く時にはできない(もったいない)アングルを撮る。それも今回の目標の一つでした。
この日は南下沼跨線橋スタートで追っかけ開始したものの、線路上に雪がない。幌延からの保線員は上げやすく閉じやすい保線員。それならば狙うは走行中の後打ちです。10人程度の方々が幌延方向へ大砲を向けるなか、一人自分は上幌延方向にカメラを向けます。10分後、あいにく?予想通り?踏切を見えた瞬間に『上げ、閉じ』。踏切を通過するとすぐに『下げ、開き』。雪煙で何も見えなくなることもなく、狙い通りのカットが撮れました。

オマケ。絵にもならない無残な姿です。

雪372レ@雄信内俯瞰


2015/12/31 宗谷本線 安牛~雄信内
NikonD3s+70-200/2.8

昨年度から大きく時刻が変わった宗谷本線排雪列車。幌延停が短くなり、雄信内も通過。撮り鉄にとってはなかなか撮りにくいスジです。
初日は追っかけで撮りづらくなるだろう雄信内俯瞰、別名火葬場裏からスタート。到着時曇り、20分ほど吹雪になり通過10分ほど前から晴れ間が。目まぐるしく変わる天候の下、大減速やフランジャー、ウイングの嫌がらせ(?)も特になく目下を平然と通過して行きました。

6286レ入れ替え@塩浜



2015/12/25 塩浜貨物線塩浜
NikonD3s+70-200/2.8
今となっては全国で唯一、毎日日常的にDD51が走る関西本線。架線柱の向きや光線、列車時刻などで撮りにくい線路ですが、塩浜ではDD51自身が入れ替えを行います。75レ→6286レの入れ替えは操作場内を二往復。この日は跨線橋から機回しを撮影しました。エンジンを唸らせながら動き回る姿にSLと同じような迫力を感じるのは、きっと自分だけではないはずです。

伯備線3084レ@生山カーブ


2015/8/11 伯備線 生山~上菅
NikonD3s+70-200/2.8

一度運用に入るとループ運用として予測しやすい伯備線EF64貨物。先日国鉄色が運用に入り、ANAマイレージの消費も兼ねて一路岡山へ向かいました。
前日の3084レを足立~新郷で撮影し、その日は新見の宿で一泊。翌日の3081レから追っかけするものの、天気予報通りの曇り空に加えて霧まで出る始末。3081レを伯耆大山のコメリ裏で捉えた後、皆生温泉へ。
そうこうゆっくりしていると、だんだん青空が見え始め、伯耆溝口から生山まで来ると綺麗な青空に。
一発目の伯耆溝口では薄日でしたが、上菅停で抜かした後の生山のカーブではしっかりと晴れてくれました。

伯備線貨物3084レ時刻表・2015/3月
伯耆大山12:43→上菅13:34-43(1011M)→生山13:51~14:07(829M・1018M)→上石見14:28-33(1013M)→新見15:03-09(1015M)→木野山15:42-48(1017M)→美袋16:06-11(1020M)→西岡山16:57

八高線ハンドル訓練@オリタケ池俯瞰


2015/8/4 八高線 折原~竹沢
NikonD3s+70-200/2.8

数年前は季節臨として夏休みにはほぼ毎日運転されていた通称''八高訓練''。それは上信越の電化区間でしか走らない高崎DD51を非電化区間で撮れる絶好の被写体でした。しかしながら、その訓練自体もここ数年は全く設定されず、久々に運転を耳にしたので行ってみました。
とは言っても客車が短ければ被りついてもしょうがない、かと言って短い区間にさしたる俯瞰はない。それならば電化区間では撮りずらい少し上から見上げる構図、とのことで通称オリタケの池を眺める撮影地へ。
現地は枝も草それなりに伸びている状況。土も落ちやすく枝をかわす構図を見つけるのに四苦八苦。本当は左下の電線もかわしたかったのですが、これ以上後ろに下がると池が消え、上に登ると枝が写る状況で、ご愛嬌と処理するしかありませんでした。やっとアングルを決めた後も、近くの幹に掴んでいないと簡単に落ちてしまうほどで、自分にとっては渡島当別Sよりも更に過酷な撮影地でした。今こそ当別は足場がしっかりしていますが、昔は結構滑りやすかったような…
そして樹の幹に捕まること30分、近くの踏切が鳴り始め、奥からピカピカすぎるDD51が顔を表したのでした。
もうこの撮影地に行くことはないだろうけれど、もう行きたくない。

秩父鉱石貨物@野上面縦


2015/7/11 秩父鉄道 野上~長瀞
NikonD3s+70-200/2.8
7403レ 10時50分頃

長瀞のカーブで下りを見送った後はすぐさま野上方面へ。本当は樋口の首ひねりに向かいたいのですが、7403レは野上で交換の15分停があるため、時間はありますが上り列車に乗ってしまうと樋口で交換してしまい、間に合わないのです。
野上から長瀞へはカーブを超えると南北に続く綺麗なストレート。横からは住宅などがあり撮れませんが、踏切が連続しており面縦はいくらでも撮れます。
自分が選んだのは、野上駅寄りの踏切。背景の白い工場が多少気になりますが、この後のSLを樋口で撮ろうとすると10分後の上り列車に乗らないと行けないためです。
10時35分頃、野上駅に貨物列車が侵入。上下の列車退避のため暫し止まります。10時50分頃、再び踏切が鳴り出し、特殊な貨車を引いた青い機関車がゆっくりと向かってきました。
プロフィール

闇凛

Author:闇凛
関東を中心に撮り鉄しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。